04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

身上持ち

 国語辞典にも掲載されているので方言ではないと思うのですが、私の住まう地域では
    家計を管理している者 = しんしょもち(身上持ち)
と言います。

 我が家の稼ぎ頭はゆーさん。次いで?年金収入のある義母さん。私は悲しき無収入(でも退職金などをちょっぴり資産運用中)。
 私が退職し、義母さんも農業をやめてしまった今は実質ゆーさん一馬力(&公的手当)で賄っています。義母さんの年金やその他資産管理等は私は全く関知していません。
 一般的に考えれば息子が大黒柱で義母さんも扶養されている身なら、しんしょもちは息子夫婦ってことになるんでしょうが、我が家は未だに義母さんなのです。
 毎月お給料日に一定額を義母さんに渡す(残りは私が管理) → 義母さんは数万円を食費として私に渡す(しかもなぜか10日に1回程度一万円ずつ)。というお金の流れが結婚直後からずっと続いています。
 役場に届けている世帯主も義母さんだし、恐らく義母さん的にはこの家のしんしょもち(=権力者)は おれ! って思っているはずです。
 しかし私たち夫婦の間では家内平安のため、とりあえずそうやって義母さんのプライドを保たせておく、ぐらいにしか考えていません。
 それでも食費を預かる度に
「ほれ、あんださ金けっから。これで魚だりなんだり買ってくんでがす」
 ゆーさんが稼いできたお金をさも自分の財布の金のように渡されることには腹が立って
「「金やっから」っていつも言いますけど、それってゆーさんのお給料ですよね? 義母さんからそんな風に言われれて渡される筋合いないんですけど」
 と反論して以来、言わなく(言わせなく)なりました。そもそも義母さんから預かる金額だけで我が家の食費なんて到底賄えてないですからね。

 以前、義母さん実家のお嫁さんとお茶した時に(『同居嫁、結託する』)この話をしたら、
「それはだめよ、勘違いするから! 代が変わったことを自覚させないと」
 と注意されたのですが、ゆーさんも私も義母さんと関わることが面倒になってきちゃってるんですよねぇ…。
 しんしょもちを変更する(義母さんの年金を除く通帳などを全て私たちが管理する)ということは、その話を義母さんとしなければならないわけで、それすなわち不毛な会話を延々続けなければならないことを想像するだけでげんなりしてしまいます。決して現状に納得しているわけではないのだけれど、面倒だから今のままでいっか~と、なぁなぁになっていました。
 ましてや義母さんから「しんしょもち譲ります」なんて言い出すことは絶対にないだろうし。

 ところがここ数年、嫁の私よりも実の息子であるゆーさんと義母さんの関係が悪化しており、更には今回の手術の一件も影響しているのか、ゆーさんの思いが変わったようで、お金の管理をどうしようか何やら考え込んでいる模様…。
私はこのままでもいいけど、ゆーさんが気分よく納得できるように変わるなら援護しようと思います。


がんばれゆーさん、君がこの家の殿様なんだ!とポチッと応援お願いします
    にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
スポンサーサイト

思い出のメニュー

 今でこそおさんどん担当の私ですが、働いていた時の夕飯は義母さんが作ったご飯を頂いていました(朝は結婚した時から私)。
 それはそれで感謝はしています。ワーキングマザーの友人の話などを聞いていると、帰宅してからの夕飯準備はやっぱり大変そうですから。
 大事なことなので2回言いますが、 そこは恵まれていたと、謙虚な姿勢で思うようにしています。
 義母さんが「おらが作ってやっていた」と言わない限りはね。本音は 

    好き好んで住んでるわけでもない同居で
          そのぐらいのメリットでもなきゃ割に合わないでしょ?

  
 そんな頃にあった未だ忘れられないメニューをご紹介。
 ズバリ
 
 うどんのエビフライ乗せ

 海老天うどんじゃないですよ? 
 エビフライ(お店の総菜)がうどんの上に乗ってるんです。

 ゆーさんが出張とか飲み会とかで夕飯いらない、って時に限って出てくるんですわ。義母さんは私が帰宅するより先に食べ終えているので、本当に同じものを同じ状態で食べていたのかはわからないのですが…。うどんの汁で衣がぶよぶよにふやけたパン粉の衣。親切に(?)エビ全身しっぽまで、お汁に浸かってますから。
 いやー、まずいのなんのって(笑)
 言いたいことズケズケ言って態度もデカい嫁ですが、作ってもらった食事に対して文句は言いません。どんなにびっくりした味付けとかレシピでも、本人にいちゃもんつけたことは一度もございません。
 平気な顔して食べきるの、きついのなんのって(笑)
 せめてエビフライが別の皿に乗っていたらそれはそれで美味しくいただけるからよかったものを。
なんで乗せちゃうかなー。
 初めて出された時は、天然な義母さんのことだから海老天と間違えちゃったのかなって優しく思い過ごして食べたけど、その後も何度か出てきましてねぇ。しかもゆーさんのいない時に限って。だからゆーさんは食べたことないんだよね。

 果たしてあれはボケだったのか罠だったのか今もって謎だけど、とりあえずもう一度食べたいとは思いません。
 興味のある方はぜひチャレンジを!


怖いもの見たさでやってみたい人はポチッと応援お願いします。
   にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ

口だけなら結構です

 今年は感染性胃腸炎やインフルエンザが全国的に大流行していますね。
 元気が取り柄、軽い風邪はひいても病院になど滅多にかからないの我が家の子供たちでさえ、今年は軒並み流行に乗って全員罹患しました。
 インフルエンザの高熱も心配ですがノロウイルスはその比にならないほどの脅威で、感染中はまるで家が戦地病院のようだった…。あれは家庭内で一人罹ってしまったら、総崩れになるまで防御のしようがないのではいかと心が折れるほど、家族全員やられてしまいました。もう二度とご免こうむりたいです。

 ここでおさらい。
 私の言う“家族”の中に義母さんは入ってません。故に義母さんは(今のところ)ノロもインフルも罹っておらず元気です。何よりです。ホント、お元気で何よりです。
 なんだかんだ言っても義母さんもそれなりのお歳ですから、病気に罹れば弱い…はず。とにかく義母さんにだけはうつしちゃならないと、患者と義母さんが接触しないよう努めた結果だと自負しております。(はたまた何とかは風邪をひかないの類なのか…は不明)

そんな元気な義母さんが子供たち(&親)が時間差で感染していく度に、

「○○(寝込んでいる子供)のご飯、なじょすっけでや~」

 と、さも困ったように考えながら冷蔵庫の食材をのぞき込んだりするのです。

だからって作りもしないくせに、そのアピールなんなの?
義母さん、ご飯作らないでしょうに。
また「おれの子育て」宣言ですか?
あんまり毎回毎回言うものだから、先日ついに私から直々申し上げました。

「義母さんが悩むことじゃないので、考えなくて結構です」

いや~、嫁も強くなったもんですな(笑)

元気でいてくれれば、手も口も遠慮したい嫁にポチッと応援お願いします
   にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ

嫁だって食い意地張ってるぞ!

義母さんの食い意地話ばかり書いては不公平なので私の食い意地っぷりも披露したいと思います。

昨年秋、実家の母方叔父からたくさんの生イチジクを頂きました。
そりゃもうすっごいたくさん! 5キロはあったと思う。
そのうちいくつかは生で食べて、残りは全部甘露煮にしました。
とろっとろに煮詰めて、超美味しい甘露煮が出来上がりました。
いくつかは冷蔵保存して食べきりましたが、半分以上はタッパーに入れて冷凍庫に保管中。
来シーズンまで大事に大事に食べるんだ~。

実母に「義母さんにも食べさせてあげなさいよ」と顔を合わせるたびに言われるけれど
「絶対にヤダ!」
と拒絶しております。
ゆーさんが同席している時でも拒絶。
これは私のイチジクなんだから。何人たりとも食わせねぇ!!
でも兄ちゃんのお弁当には時々凍ったまま入れてあげているし、子供たちが食べたいって言えば食べさせてますよ。

義母さんにおすそ分けするのだけは絶対に嫌なだけです。

なぜそこまでイケずに拒絶するのか気になる方は、イチジクをキーワードに過去ログ辿ってみてください。

夕飯もご遠慮したい

 現在(というかだいぶ前から)、義母さんとの接触を徹底的に避けている私。それでも同じ屋根の下、完全同居生活をしていれば否が応でも顔を合わせなければいけない時があります。
 それは夕飯。
 朝も昼も同席なんてしませんが、夕飯だけは一緒に食べています。
 その数少ない接触時ですら、義母さんは嫁の精神を攻めてきます。

 現在、我が家の食事は買い物から調理までほぼ私が賄っています。担当外は平日の昼食(義母さん分)のみ。
 食費と食欲を両立させるべく献立(そんな大層なものではないけど)を考えているのに、時折それをガン無視して、義母さんが自分好みのお総菜とか生モノとか買ってきては

「あんだ、なにか考えてんだべげっども、こいづ買って来たから今晩食べんでがす」

 問答無用で献立の変更を余儀なくされる事があります。義母さんの財布から買ってくるので別に何を買ってこようと構わないんですけど、その言い方とかタイミングとか物事の進め方が横暴というか自分勝手というか…。
 お料理上手な方には笑われるかもしれませんが、ハンバーグって私的には手間のかかる料理です。前の晩から買い置きのひき肉を解凍して(そこからかい!/笑)、「今日は作るぞ!」とかなり意気込んで作るおかずです。しかもお弁当用の作り置き分も作るので、ひき肉だけで軽く1Kg越。結構な量なのです。
 それをさー、材料切って混ぜて、中にチーズなんか隠しちゃってひたすら焼いて、添え物のポテトとかサラダとかスープも時間合わせてそろそろ出来上がり~! みんな、ご飯だよ~!ってタイミングで

「あんだ、なにか考えてんだべげっども、わらすども、刺身食いでぇべがら、こいづ買って来たがら。んだから今晩はこっつ食べんでがす。ハンバーグなぞ明日の朝でも(レンジで)チンして食えんだがら、今晩はこいづにすんだ」

って、刺身を買い物袋から出された時にゃぁ

そんなに食いたきゃ、あんた一人で食いやがれ!!

 なんて暴言吐きたくなるわけですよ。
そしてハンバーグと刺身が両方並んだ食卓で

「ばぁちゃん、あんだら食いでぇど思って刺身買って来たんだ。刺身食わいん! 活きいいうぢに早えぐ食うんでがす。ハンバーグなぞ明日でも食えんだがらな、な。刺身食え」
「なーんだべ! 刺身食わいん! ハンバーグでねくて刺身や」
「刺身、どうだ? うめが? 食いでぇど思って買ってきたからな~」

 わざとやってんのかな?
 夕飯ぐらいの時しか接触する時間ないのに、それだけで大分嫁の精神はささくれるのです。


やさぐれるの間違いでは?と察した方はポチッと応援お願いします
   にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ

FC2カウンター

閲覧者数

現在の閲覧者数:

プロフィール

ぶらちこ

Author:ぶらちこ
                              結婚と同時にSTRATした夫実家での同居生活。
習慣や価値観の違いに悩み、耐え、怒り、時に(いつも?)吠える!
同居嫁の目線で綴る同居生活のアレコレ。


【家族構成】

ぶらちこ
 ブログ主
 義母さんとソリの合わない同居嫁

ゆーさん
 Myダーリン

兄ちゃん

ちい兄ちゃん

おチビ

義母さん
 超天然系の姑様


ランキングに参加中
応援が励みになります!
   
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
 

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
結婚・家庭生活
114位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
結婚生活
52位
アクセスランキングを見る>>

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。